大航海時代オンラインでもっそり生きる英国人【正体不明の存在】の生態記録です。 怪しくないです。たぶん。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
勅命クエストの陰と陽 【陰編】
2006-09-03 Sun 00:00
巷で喧々囂々の勅命クエストの私的見解でありんす。
あまり見て楽しいものでもないので、これまたスルーの方向でOKですw


普段であればメーカーの仕様にはあまり文句をつけない(その仕様の中で楽しむようにするので)私ですが、事件が起こった当時はそれはそれはアタマにきておりましたw
直後に書くと冷静さが全くないので少し時間空けましたw

南米大陸の勅命クエスト。
私は平日あまりできなかったので、土日に取り戻すべく延々往復しました。
まず最初に到達したのは初日からダッシュしていたイスパニア。
その翌日ですかね、イングランドが到達!
イングランド達成の瞬間

みんながんばった!
前日というか、当日の朝方までやっていた為、お昼過ぎにINして王宮に駆けつけると丁度達成するところでした。
みんなで「お疲れさまー! おめでとう!!」のシャウトが響いた後、商会メンバーとフレとで入港許可をもらう為に再度勅命を受け、無事クリアしてロンドンに戻る直前にポルトガルが到達の神シャウト。

しかし。
……。

イスパニアとイングランドの到達度が下がりました?
何の冗談ですか?
クエスト画面の情報を見ると確かに到達度が1400くらい下がってました。
急いで王宮に向かうとそこでも大騒ぎになってました。
もちろん報告してもポイントに達してないので地図はもらえず。
何人かがGMに問い合わせしてた模様ですが、結果は

「仕様です」

そんな話は聞いてませんよ?
公式を見ると、いつUPされたのかわかりませんが下記のコメントが。
公式発表
本当に遅いです。

とりあえずもう一度ポイント貯めよう、という事でみんなで再度制海クエに行って、私はこれが5回目だったのでここで入港許可もらえましたが……。
ただ、この後イングランドが再達成しても案内は流れず、他国の達成度も下がったかどうか定かではありませんが、「下がりました」の神シャウトが出ない以上は下がってないと思われます。
「ただし、全ての場合において下がるわけではなく、先行の度合が小さい場合は到達度は下がりません。」という事は
「イングランド達成~ポルトガル達成まで」の3時間程より「ポルトガル達成~イングランド再達成まで」の6時間程の方が達成度差が少ないって事ですか?
イングランドはわずか3時間程でどれだけ差をつけたっていうんでしょうね。
というか、どれだけ差がついたら下がるのかが全くわかりません。
翌日、イスパニアが再達成してまたイングランド下がりましたしね。
これでは「競争」というより「チキンレース」になるんではないでしょうか。

しかし、下がってもイングランドはまだ人口が多いのでまだ全然マシだと思います(本人、超アタマにきてましたが……w)
正直この仕様を、距離がやたら遠いヴェネツィアとか人口が少ないネーデルにも適応するのか、と。

公式の「新天地航海日誌1」で

なお、“到達度”の目標値は勢力の小さい国ならば、相応に少なくなる。小国に所属する者にも、新大陸へいち早く進出する機会は、平等に与えられると思ってくれていい。

とありましたが、どこが平等なんですか。と。
旧3国と新3国のあきらかな達成スピードの違い。
大国に所属してる自分が言うのも何ですが、6カ国を「国力(?)1位~6位」のみの判断で1000ポイントずつの差は平等でも何でもないかと。
当時3位のイスパニアと4位のフランス(たしかフランス?)の差が一体どれだけあると考えていたんでしょうね。

人数の少ないネーデル、距離の遠いヴェネツィア。
制海クエストやってる時に何度か見かけましたが、新3国の方が一人で一生懸命カリブを往復して戦闘してました。
スタッフも新3国で参加してみなさいって。


……と、まあ普段はあまり「国」という意識はしない私ですが(まとまりがないと言われるイングランド所属ですからなw)さすがにこの「足の引っ張り合い」には辟易しました。
楽しみにしてた分ちょっとね。
とりあえず、この【陰編】は私の愚痴ぶちまけ仕様なのでwコメントは凍結させておきます。

スポンサーサイト
別窓 | 正体不明の存在の生態 | トラックバック:0 | top↑
この記事のトラックバック
top↑
| 世界の果てでカジキを釣る |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。