大航海時代オンラインでもっそり生きる英国人【正体不明の存在】の生態記録です。 怪しくないです。たぶん。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
新バトンを考えてみる。
2007-04-02 Mon 00:00
ネコ語バトンがあるなら、他バージョンでもイケるんではないかと愚考いたしました。


案その1:「赤ちゃん言葉バトン」
<ルール>
*語尾は「でちゅ」など赤ちゃん言葉で。
*単語も「ご飯」は「まんま」、「猫」は「にゃんにゃん」など当然徹する。
シャレの通じない人には回さない。
友達の縁を切られても泣かない。


私には絶対回さないで下さい(^ω^)
発案してナンですが、書いてる最中にキレる可能性150%!w
本当にやって、回した人を怒らせても当方は一切責任を取りません!w


案その2:「武士言葉バトン」
<ルール>
*一人称は「それがし」または「拙者」
*語尾は「~でござる」「~にて候」など武士らしく。
*外来語はインチキくさくてもいいので可能な限り和訳する(例:パソコン→個人用電子箱)
「武士らしく書けなかった!」と思った時は、最後に「切腹」と書く。


これならやってもいいかも。と思った自分に乾杯。
皆様、いかがでしょうか。
(↑いかがも何も……)
スポンサーサイト
別窓 | 戯言 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<ネコ語バトンの後遺症&噂のアレ | 世界の果てでカジキを釣る | ネコ語バトンで近況>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 世界の果てでカジキを釣る |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。